介護保険タクシーとは?


介護保険タクシーは国からサポートされている公的な介護サポート事業です。

介護保険タクシーは介護保険が使えるタクシーで、介護タクシーも出来ます。

現代の超高齢化社会において2017年度現在、運営事業者が足りていない状況です。

介護保険タクシーで独立・開業して成功者が続出している理由を分かりやすく解説いたします。


画像の説明

① 98%の利用者様が希望しています

一般の介護タクシーは、ご自宅の玄関から病院の玄関まで運送するサービスとなります。そのため、通常のタクシーと同じ扱いとなり、「介護保険」を適用することができず、運賃は全額お客様負担となります。しかし、この「介護保険タクシー」をご利用頂くと、ご自宅のベッドから病院のベッド(あるいは、病院からご自宅のベッド)までお運びします。そのためお客様は「介護サービス」を利用することになり、「介護保険」を適用することができます。「介護保険タクシー」は、一般の介護タクシーの3分の1の費用で済むことになります。通院を含め、利用頻度が高い為、希望者が多い理由です。


画像の説明

② 一般の介護タクシーではありません

一般のタクシーや介護タクシーを使うと、利用者様の費用の負担額は大きくなります。そこで、車椅子ごと乗る事のできるタクシーを必要とされる方の98%以上は「介護保険タクシー」を希望されます。利用者様をご自宅のベッドから車まで、車から病院内までお連れして、帰りもサポート致しますので、同居されているご家族様の負担も大幅に軽減されます。ですから「介護保険タクシー」の需要の多さによって、競合とされる「一般の介護タクシー業者」よりも断然に優位な立場で、たくさんの仕事の依頼を受ける事ができます。独立・開業しても集客に困らない大きな理由です。


画像の説明

③ 病院や公共施設とすぐに連携できます

介護保険タクシーは行政からのサポートもあり、病院や公共機関など、様々な施設と強く連携することができます。一般の「介護タクシー」で開業をすると、最初からそのパイプがあるわけでは無いので、事業者としてチラシをポスト投函したり、挨拶回りの営業活動が必要であったり、利用者を探す集客に苦労します。一般事業の介護タクシーではなく、公的サポート事業である介護保険タクシーで独立・開業をすると、この強く太い紹介のパイプと、公共施設との連携力が自動的に手に入る事になります。独立・開業をしても売上がすぐに確保できる理由がお分かりいただけると思います。


画像の説明

④ 未経験からでも独立・開業できます

介護保険タクシーで独立開業し、成功されている9割の事業者が、他業種からの転業や、全くの初心者です。福祉の仕事や、タクシーの仕事を今までにやった事が無くても心配いりません。現在あなたに資格や経験が無くても、これから必要な資格と技術習得をして、公的機関へ必要な申請をすれば最短5ヶ月もあれば独立開業することができます。この業種は覚えるべき事が難しくありません。車が運転出来ることに加えて、介護車両の使い方を覚え、人を車椅子で運ぶ技術や介護の基礎技術を身につけるだけです。介護士になるのではなく、介護のお手伝いもできるタクシー運転手です。年齢・性別・学歴は一切関係ありません。


画像の説明

⑤ 年齢を気にせず長く続けられます

開業後はご自身が現場で利用者様と触れ合い、サービス提供や車の運転を行いますが、法人事業となるので、短期間で軌道に乗せた後は、スタッフを雇用し、業務をサポートする管理や経営側に専念することができます。現場での仕事量はご自身で調整ができるようになります。ですから、定年という概念がなく、高齢になっても長く収入を確保し続けられます。夫婦で開業されても安心です。先々は現場を離れ、経営側に回ることができ、ご自身がずっと現場で働かなくても良い事業である事が、このビジネスの大きな魅力でもあります。開業する年齢は、ご自身が元気で健康であれば何歳でも問題ありません。


画像の説明

⑥ 平均月収が高く安定します

介護保険タクシーの運賃やサービス料は、利用者様からは運賃の部分は介護タクシーと比較して3分の1でサービス料は1割しか受け取りません。残りの売上は、国から受け取ります。介護保険を管轄している公的機関(国保連)へ、介護給付費請求をすることで、事業者の銀行口座へ、売上金として期日通りに振り込まれます。公的事業ですから、取引先から売上金が回収できない…。利用者様から期日までに振り込みがされていない…。という、お金の回収に関する心配は一切ありません。利用者は増えながら、固定客化されていきますので、高い収入を安定させ続ける事ができます。介護保険タクシー事業会から開業されたオーナー様の平均月収は40万を超えています。(※2017年度・全国532事業所)


介護保険タクシー
事業会とは?

介護保険タクシー事業会は、日本の介護保険タクシー業界を15年以上牽引し続けている特定非営利活動法人(NPO法人)が運営しています。

画像の説明

介護保険タクシーの生みの親です

介護保険タクシーを日本で始めて世に送り出した創始者は、この介護保険タクシー事業会を主宰する「NPO法人 福祉グループコアラ」理事長の橋本利廣です。「介護保険タクシー」の名付け親です。(※商標登録済み)介護保険が使えるタクシーの開業ノウハウを構築し、その成功ノウハウは15年間蓄積され続けています。日本トップクラスのサービス力と安全技術による実績と功績から、国や県、地域から大きな信用と信頼を得ています。お膝元である一流の元で学び、ブランド力を手に入れて独立・開業・起業できるのが「介護保険タクシー事業会」です。


画像の説明

日本全国に500名を超える開業者を輩出

介護保険タクシー事業会は、2003年から始まり、介護保険タクシーで独立・開業する事業者を日本で一番送り出していると言えます。2017年度現在、532名が当会より独立・開業をされました。介護保険タクシー事業会の「開業サポート」は、開業相談から書類の申請方法、集客や教育、運営管理などトータルでサポートいたします。開業後もサポートやオーナー同士の交流がある為、いつでも相談できる体制が整っているので安心です。素人からでもゼロからサポートし、開業達成率は93.8%を誇ります。


画像の説明

日本で初めて行政から賞を頂きました

介護保険タクシー事業会を運営する、NPO法人 福祉グループコアラは、本社運営元の神奈川県で開催された「横浜ビジネスグランプリ」にて優勝。(※152社参加)ビジネスグランプリ大賞と大衆賞を授与され、横浜市長より表彰を受けました。介護タクシー部門で行政から賞を受けたのは日本初。ビジネスグランプリとは、創業を目指す起業家を発掘するため、横浜での起業や新規事業展開に挑戦するビジネスプランを全国から募集し審査するコンテストです。(主催:公益財団法人横浜企業経営支援財団)


画像の説明

テレビやメディアでも紹介されています

近年、介護保険タクシーは、テレビのニュース・雑誌でも頻繁に取り上げられています。そのため、社会的な認知度や信用度も高く、ご利用頂くお客様にも信頼していただくことができています。また独立開業・起業時にご家族や知り合いにも説明しやすく、周囲に自信と誇りを持って事業を始めることができます。需要や将来性が高いのにも関わらず、少ない予算で独立・開業出来ることから、現代社会のニーズにマッチした事業内容と言われています。末永く安定して事業を運営していくことが可能です。


画像の説明

日本最高水準のプロの実技が習得できます

介護保険タクシー事業会では、「現場で使えるプロの実技」をできるだけ短期間で習得して頂く為に、自社の研修センターにて実技研修があります。この研修センターにて、介護保険タクシーに必要な実践的な技術を確実に身に付けて頂く事ができます。福祉や介護の業界が初めての方でも安心です。安全性と技術力の高さは、利用者様に安心して長くご依頼頂く為に必要な事です。この実技研修によって「介護保険タクシー事業会」の信用と信頼を築いてきました。


画像の説明

働きながら自宅で開業の準備ができます

介護保険タクシー事業会では、通信講座を用意しています。現在、仕事をされていても自宅で独立・開業の準備をゆっくりと始める事ができます。個別の講習についてはスマートフォンやタブレットの無料通話アプリを使いますので、どこにお住まいでも問題ありません。実技研修に本部研修センターへお越し頂くのみとなります。講座の内容は幅広く、各種免許の合格ノウハウや申請関係のコツはもちろん、集客や運営、介護技術について学べるだけでなく、運営に必要な書類データなど、全て整備されたものを一式受け取る事ができます。


独立・開業された
先輩オーナー様の声

「新しい人生」の成功物語


介護保険タクシー事業で独立し、活躍しているオーナー様へインタビューを行いました。

写真をクリックするとインタビューページへ移動します。


茂木博オーナー


長瀬雅俊オーナー


土村豊オーナー


丸山安則オーナー


菊池和男オーナー


斉藤康介オーナー

介護保険タクシー事業会の

独立・開業サポート

オンライン個別講座

技術研修

「独立・開業サポート」は通信講座と技術研修にて構成されています。

通信講座は教材やビデオ動画を使いながら、オンライン形式の個別指導を行います。

インターネット環境とパソコン、スマートフォンがあれば自宅にて指導が受けられます。

自宅で受けられるオンラインの個別指導は通算約20回です。

技術研修は自社の「外出介護技術研修所」にて、3日間短期集中で行います。

事業計画の作成

準備の開始から、開業に至るまでのやるべき事のステップや、開業資金の算出やスケジュールなど、開業前、開業時、開業後をイメージして、あなたに合わせた事業計画のご相談に乗らせて頂きます。

介護保険知識講座

現在の「介護保険制度」について正しい知識を学びます。介護保険要介護認定の基準や、申請の方法や流れなども理解します。法律や制度を学び、介護保険を取り扱えるプロとしての基盤を作ります。

タクシー知識講座

利用者様を車で安全に移送する為に必要な「タクシー」の知識を学びます。保険適応運賃やメーター機器について、福祉車両の扱いなど、車の運転ができれば、覚える事は難しくありません。

法令試験対策講座

タクシー事業者の免許を取得する為の「法令試験対策」を行います。過去の試験問題の情報を提供したり、対策方法を丁寧にお伝えします。一発での試験合格率96%以上を毎年維持しています。

運営書類講座

介護保険を扱う事業者として、運営に必要な書類が複数存在します。これらの書類群がしっかりと整備されていないと行政から「査察」の対象となります。年に一度調査という名目で...

必要書類の点検等の報告をしなければなりません。不備に気付かずに運営を続けると、事業免許の取り消し処分となるケースもあります。これらをご自身で1人で調べ、整理して揃える事は非常に困難であり、時間を要します。介護保険タクシー事業会の開業サポートでは、これらの必要書類群が全て整理された状態で一式お渡しします。そしてその正確な利用方法やノウハウもお伝えしています。

送迎介護技術研修

介護保険タクシー事業会独自の車椅子階段介助方法など、利用者様に痛い・怖い思いをさせない「日本トップレベルの送迎介護の技術」を身に着けます。介護報酬の高い「難しい介護技術」も習得する事ができます。

現場同行研修

居宅や施設、病院の現場で、どのようにサービス提供がされているのか、実際の現場を見ておく必要があります。スタッフと、すでに開業されているオーナー様と同行し、現場を体験して頂きます。回数は2回程度です。

営業・集客活動講座

事業で一番大変で苦労するのはお客様を集める事だと言われます。介護保険タクシーは「福祉の連携」での営業活動となりますので、チラシまき等はしません。集客に困らない独自のノウハウと方法を全てお伝えしています。

法人格取得サポート

介護保険を扱う事業者として、法人格が必要となります。現在は資本金1円でも法人設立が可能です。資本金が必要無いNPO法人もあります。あなたに最適な法人格取得の為のアドバイスやサポートを行います。

成功ノウハウ講座

私たち事業会には、開業後、短期間で一気に事業を軌道に乗せるノウハウがあります。現在活躍中の、国内532事業所のオーナー様が、実際に開業後に実践し、事業を急成長させた方法をお伝えします。

開業後サポート

開業後も1年間は「開業後サポート」が付きますので安心です。慣れない事務関係で分からない事が生じたり、事故やトラブルもゼロではありません。長年で培われた正しい対処方法やノウハウをお伝えし、サポート致します。

個別質問サポート

開業までの準備期間中に、分からない事や疑問が生じた場合は、スタッフにご相談頂ける環境を整えています。どんな些細なことでもご質問・ご相談下さい。迅速丁寧にお答えし、全力でサポートさせて頂きます。

準備開始から、

最短5ヶ月〜8ヶ月で

開業が可能です。

独立・開業達成率

93.8%

(※2017年度現在)

よくある質問をまとめました

質問をクリックすると回答が表示されます。

さらに疑問や質問がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お年寄りが病院へ通院する際や、普段の生活において、ご家族が自家用車で毎日送迎するのは、とても大変です。ご家族に変わって、「介護保険タクシー」として、介護保険を利用した公的タクシーを運営する仕事です。高齢化社会に伴い、国や行政からも大変期待されて後押しされています。病院や地域施設からも大変需要が高く、2017年度現在、「介護保険タクシー」の運営事業者が足りていない状況です。

介護保険が利用できるのは、病院の送迎だけではありません。 公共機関 (銀行・郵便局・県庁・市役所・役場など) の送迎や 選挙や入所予定の施設見学とその他特例など、生活に欠かせない移動手段の多くで介護保険タクシーを利用されます。そして、何より高齢化社会によって利用者が増え続けていますので、売上は上がり続けます。介護保険タクシーを希望される利用者様が多く、需要が高い為、すぐに月の予約が埋まります。スタッフを増やす事も視野に入れられるようになります。また、生活に必要なお手伝いを介護保険外サポート(有料オプション)として受ける事もできます。

公的な介護保険を使用した事業の為、福祉の輪の中で活動することになるので、安定した経営が確保できます。国から支払い(売上金)を受けるため、支払いの遅滞もありません。病院の通院送迎 ・公共機関 (銀行・郵便局・お役所) への送迎 ・選挙の送迎 ・施設入所予定の下見 ・その他特例 地域に密着した 地元優先の 地域住民のための仕事です。 今後、ますます必要とされる仕事として各地で注目されています。

①タクシー事業に必要な自動車の「2種免許の取得」※ひとりだけでよい。②介護のサポートを行う為に必要な「初任者研修」及びその中のひとりだけ「実務者研修の修了」③介護保険適用業者となる為の「法人格の取得」。これらの3つの資格が必要です。3つとも地元にて取得ができるものとなります。また、条件については①人員基準として2.5人で0.5人は登録ヘルパー(アルバイト)、実際には2人+登録ヘルパー1人(アルバイト)。②事務所は自宅を事務所としてもよい。(東京都及び大阪府については別で詳細は相談)③駐車場(営業所)。開業までの準備をスムーズに進めたり、運営のノウハウを学ぶのが、介護保険タクシー事業会の開業サポートとなります。

開業時の状況で必要資金は変わりますが、250万ほどが目安となります。一番費用がかかるのは「車両代」です。車椅子を乗せられる「福祉車両」となります。開業資金については、資金補助や国庫、車両リース等を利用するとさらに低予算にてスタートすることが可能です。開業資金は給与を取りながらでも1年〜2年もあれば回収できています。個別に事業計画やシュミレーションをさせて頂きますのでお問い合わせ下さい。

開業サポート研修は「本部研修」と「通信講座」を用意しています。通信講座を利用すると、自宅で学ぶ事ができます。通信講座と言っても、教材のみの自己学習だけではなく、「介護保険タクシー事業会」の講師との個別のオンライン学習もあります。個別オンライン学習は、ビデオ通話ができるスマートフォンやパソコンの無料通話アプリを使います。オンライン学習の時間帯は夜が中心ですので、現在仕事をされていても問題ありません。

はい。違います。このページの上部の「② 一般の介護タクシーではありません」の項目に詳細が書いてありますので、そちらををお読み下さい。

2017年度現在、国内532事業所のオーナー様の平均月収は40万以上となっています。

現在、国内532ヶ所のオーナー様の8割以上は、介護業界やタクシー業界は未経験で始めた方ばかりです。公的事業を行う事になりますので、資格の取得や介護やタクシーの勉強は必要ですが、自宅で学び、サポートが受けられる体制や短期研修制度も整っていますので安心です。家族や親族での経営が可能です。あなたは経営者としてスタッフを動かす立場になっていく指導者になっていく事ができます。超高齢化社会という時代にマッチした事業であり、需要も非常に高い為、集客や売上に困る事はありません。ご本人の意思があれば、独立・開業と成功の難易度は高くありません。

前向きに検討されている方は、説明会に参加される事をおすすめいたします。「介護保険タクシー事業会」が15年間蓄積してきた「成功の秘訣」や「収入が確保し続けられる理由の詳細」「競合に絶対負けない理由」などをお伝えしています。少人数で行っていますので、個別での質問も可能です。創業者の橋本が説明会に参加している事がほとんどです。是非お会い出来ることを楽しみにしています。説明会の日程と詳細はこちらをご覧下さい。

①2種免許の取得②介護職員実務者研修の修了③法人格の取得の3つの条件が準備できれば副業の形で始める事が可能です。副業からスタートされた方の多くは、仕事の合間を使って、2種免許を取得され、介護職員実務者研修を通信講座にて学ばれています。開業までの手順やサポートは、介護保険タクシー事業会の「開業サポート」をご利用頂く事で、迷いや無駄なく、開業の準備を進められます。

ご自身が健康であれば年齢の制限はありません。開業時の年齢は30代〜60代まで幅広いです。

女性でも全く問題ありません。女性の利用者様は女性スタッフの介護保険タクシーを選ばれる方もいらっしゃいます。差別化されたひとつの「強み」と「ウリ」にすることもできます。

現在、「ヘルパー1級」の資格は廃止となっています。それに変わるのが、「介護職員実務者研修」と言われます。この修了証を取得することで、介護保険タクシーにて開業する為の必須条件の一つを満たす事ができます。この「介護職員実務者研修」は、およそ半年間の通信講座がメインとなります。終盤の10日ほど、研修施設等に実務研修に通うだけとなりますので、自宅学習が中心の為、他の資格等に比べて取得までの負担は軽いと言われています。

自宅を事務所にする事ができます。基本的に、「出向くお仕事」となりますので、事務仕事ができるスペースが確保できれば、開業時は事務所は自宅で問題ありません。自宅が賃貸の場合は、大家さんの承諾書が必要となります。

【①費用がかかるもの】資格取得の費用。法人格取得の費用、印紙代。タクシーの登録料は別途必要です。【②事務所】開業時は自宅が事務所で問題ありません。【③福祉車両】福祉車両とは車椅子を乗せる事ができる車を言います。事業会にて安く購入できる車両を紹介しています。【④その他】電話・FAX・プリンター・パソコンなどの機器。印鑑・名刺・簡単なパンフレット・コピー用紙やノート。事務所を借りる場合は、机・椅子・応接セットなどがあれば充分です。あとは、車椅子やハンディタンカー等が必要となります。上記以外のものは、事業会の「開業サポートや講座」に入っています。

介護保険タクシー事業会では開業後もサポートが続きます。開業後に色々と聞きたい事や分からない事が必ず出てきますので、常に質問ができたりアドバイスを受けられる体制を整えていますので安心です。

介護保険タクシー事業会のオーナーとなると、あなたはすぐに、全国で一番知名度のあるトップブランドグループの事業者を名乗る事ができるようになります。初心者からのスタートでも、日本トップ水準の研修を受けて開業しますので、すぐに信頼・信用力のある一流の仲間入りです。介護保険タクシー事業会から開業されたオーナー様が集客に困らず、しっかりと収入を確保し、成功できている最大の魅力とも言えるでしょう。

まずは資料請求をお願い致します。その後、質問や相談がありましたら、メール相談・電話相談を合わせてご利用下さい。分からない事が分かるまでご相談に対応させていただきます。説明会では更に詳しい情報やノウハウを知る事ができ、個別相談の時間も設けております。説明会の日程と詳細はこちらをご覧下さい。

介護保険タクシー事業会の「独立・開業サポート」をご希望の場合は、こちらからご連絡をお願い致します。


説 明 会 日 程
2 0 1 7 年 度

説明会を実施しています。

ご都合の良い日程をお選びいただき、お気軽にお越し下さい。

07/23 ()

13:00-16:30

詳細はこちら

08/20 ()

13:00-16:30

詳細はこちら

09/17()

13:00-16:30

詳細はこちら

10/22()

13:00-16:30

詳細はこちら

介護保険タクシー事典


更に細かい情報や新しい情報を追加しております


資料請求・ご相談
お問い合わせ

資料をすぐにお送りいたします。

ご相談やお問い合わせはメールとお電話にて承っております。